モンブラン / designer / vliver

渋谷で働くインハウスデザイナー。2010〜2014年頃はAV業界(ソフト・オン・デマンド)でデザイナーをしているし、最近デザイン系Vtuberもはじめました→ https://bit.ly/30KmAUk

モンブランのフクロトジ

会社員のデザイナーであり、個人クリエイターであり、Vtuberでもあるモンブランの赤裸々マガジンです。

  • ¥380 / 月
  • 初月無料

新品とは。

今週の振り返り:11/22〜久々にちゃんとした振り返りです。モンブランです。 遅くなってしまった嫁ちゃんの誕生日プレゼントにミニスーパーファミコンの「新品」をプレゼントしたんです。 開封して嫁ちゃんが「スーパーマリオRPG」を遊びだしたところ、そこには「ひなた」のセーブデータが2つありました。。。。 新  品  と  は  。 (外装はちょっと傷んでたけど、前回の中古よりは圧倒的に良品だし、どうも調べた感じ新品がほぼないっぽいので、そのまま使うことにしました) それ

スキ
2

最近況。

こんにちは。デザイナーのモンブランです。 有料の定期購読マガジンにも関わらず、更新が滞っております。 振り返りできてないのも地味に痛い。 というわけで近況をば。 こうして久々に書いたら書いたで筆は乗るみたいなので、今後もぬるぬる更新していきたいと思います。 普段は週ごとに振り返りをしていましたが、期間が空いたので直近2ヶ月くらいのやっていることについて棚卸しをしてみます。 (小見出し機能も早速使ってみます) 個人で取り組んでいること。ライバー活動(Vliver/Vtu

スキ
1

「旬をすぐに」率直な感想【味濃いめ版】

👍 Good ・メニューが豊富でユニーク(特に料理名) ・ボリューム多めが嬉しい ・スイーツ系がチャレンジーで面白い ・お魚が美味しいのは冷凍食品では嬉しい 💪🏽 More ・野菜の味をもっと楽しみたい(=全体的に味を風味が飛んでいる?) ・"丼"と入っているものにはごはん欲しいかも…名前とのムラを感じる ・パスタやビビンバなどの「混ぜもの」系は味がぼやけていた 以下は商品ごとの具体的な感想。

スキ
2

再燃「美大COMPLEX」

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
5

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

  • 5890本

進撃のプロダクトマネジメント

僕がサービス開発で意識している心得や考え方をざっと書いてみたので、プロダクトマネジメントの参考になると嬉しいです。 プロダクトマネージャ(PdM)として意識していること先ず実行し、同時に深く考えていく 新しい取り組みの時は、先ず形にして行動しながら考えを深めるを強く意識します。 例えば、新しい機能を検討する時は、先ずデザインを起こし、ユーザーニーズを把握する時はそのデザインを見せながら意見を聞き、手触り感を重視する機能ならモックアップを作って触りながら考えを深めてく事に

スキ
147

Figma でスライドを作る時に知っておくと便利なこと

Figma でスライドを作っている方、増えてきたのではないかと思います。私も最近は Figma で作っています。やはり自由度の高いツールでありながらもコンポーネントなどでスライド共通の装飾なども作れるので生産性も高く気に入っております。 そんな Figma でスライドを作る時にいくつか知っておくといいことを紹介していきます。 プロトタイプで共有よりは SpeakerDeck などのスライド共有サイトを使った方が多分いいなぜかと言うと、Figma のプロトタイプでシェアする

スキ
116

「センス」という呪いの言葉と、その育て方の話。

この言葉が苦手。嫌い。 そもそも、誰でもこんな事は言われたくないだろう。 でも、同時にこの言葉も好きではなかったりする。 純粋にお褒めいただく言葉としては嬉しいのだけど、少々モヤっとすること多々あり。 今日はこの「センスがない」という話を起点に、僕なりの「センス」の考え方について書いていこうと思う。 まず「センスがない」は存在しないまず「センスがない」というは本来存在しない。 正しくは「センスが違う」だ。 他者から言われる「センスがない」という発言は、 「何か」を見

スキ
141

社員・メンバーにおもしろいアイデアを考えてもらうためのワークショップにするための、3つの仕込み(1/3) #ワークショップデザイン

久しぶりにアイデア発想ワークショップやってきました! in 大阪せんじつ、企業さんのワークショップをやってきました。大阪出張だったんですけど、久しぶりの大阪のタクシー運転手さんは本当に濃いですね。たった10分くらいの移動で10個くらいボケてきました。1分に1回、大阪の堺筋本町あたりの運転手さん本当におもしろいんで、皆さんもぜひ1回のってみてください。(人によってはちょっと疲れます) という余談はさておき、久しぶりにクライアントさんのWSをやってきてですね、今回もボトムアップ

スキ
44

#酒場 記事まとめ

酒場やお酒にまつわるオススメの記事をまとめていきます。ノンアルや、お酒の出てくるnote、酔った話などもたまに取り上げます。 note編集部 公式マガジンへの格上げを目指しています!編集メンバーも多く目利き揃いなので、ぜひフォローお願いします。

  • 425本

【僕が日本酒をつくる理由】「村井醸造」蔵人・臼井さんと親方の4年間(真上)

茨城県の真壁町で12代続く「村井醸造」(代表銘柄:真壁・公明)で働く臼井卓ニさん。30代で異業種から酒造りの世界へ飛び込んだという異色の経歴を持つ現役蔵人に、話を聞きました。酒造りへの考えや、南部杜氏の親方の話、新ブランド「真上」などについて語ってくれました。 若手蔵人として、4期目の酒造りがはじまるおはようございます。いきましょうか。毎朝、車で通勤しています。普段の通勤時間はこれより少し遅いくらいかな。 蔵には、社長と、帳簿管理などを行っている70代の方と、僕と、あとア

スキ
40

【推薦の店へ行く】 「神棚」上品な和の料理と、カオスな日本酒群(四谷三丁目)

私が飲み屋さんを開拓する時、多くは「人のおすすめのお店」を選びます。飲食関係の人や料理研究家さん、酒関連のお仕事をしている、いわゆる「酒飲みのプロ」たちをSNSでストーキングし、彼らを唸らせた店をあとでこっそり向かう、というものです。 今回は東京・荒木町にある「神棚」にいってきました。 やっぱりプロたちの目利きってすごいです。とても、とてもよかったです。 品のいい料理とタガの外れた日本酒たちを楽しみましたので、紹介します。 飲み屋の聖地・荒木町の新店「神棚」場所は東京・

スキ
56

飲食店の「日本酒の会」が戻ってきた!【光栄菊を飲む会】(大島/拉麺5510)

「日本酒の会」。ここ2年ほど、特に飲食店さんが行っていた会はほとんど開催されませんでした。 ようやく、飲食店さんたちの日常も戻りつつあります。それを追いかけるように、イベントも復活です。今回は「日本酒もすごいおいしいラーメン屋さん」である拉麺5510(東京・大島)で開催された「光栄菊の会」に行ってきました。 「お酒の会」のここが楽しい! (光栄菊の会とあって、ずらりと並びます。濁りなどの希少なお酒も!) 会は楽しい①:数名〜の参加者が集まることで、自分ひとりでは絶対に

スキ
21

アメリカの日本酒(SAKE)を飲む会。白麹、ハーブ、粕取り焼酎!? 世界のSAKEは楽しい

日本酒は、日本のお酒です。しかし現在、世界で日本酒(という名称は使えないのでSAKE)が造られています。米と麹と水を使う「日本酒」の製法で。しかし、日本で飲む機会はほとんど得られません。 しかし今回、日米で活躍するSAKEジャーナリストの木村咲貴さん主催の「アメリカSAKEを飲む会」に行ってきました。王道あり、スパイス?ありのバラエティあふれるアメリカSAKEをレポートします! スーツケースで逆輸入したアメリカSAKE! こちらが今回のラインナップ、当然のことですが、す

スキ
149

モンブランさんちの"デザイン弁当"

僕はデザイン、Web、ブランディングの話をする時によく「お弁当」を例えて話すことが多くあります。 そこで、noteでもつらつらと不定期に書いていきたいと思います。 ここで書かれている内容は僕なりの、あくまで個人的な考えなので、その点はご留意ください。

#PdM 記事まとめ

プロジェクトマネジメント、プロダクトマネジメント系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #PM / #PdM のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。

  • 38本

PMとUXデザイナーのグラデーション

プロダクトマネージャーとUXデザイナーの仕事は線引をすることが難しく、正解はないと思っています。プロダクトマネージャーがワイヤーを引くところまで担当する現場もあれば、アウトカムからアウトプットまで一貫してUXデザイナーが担当する現場もあり、様々なグラデーションが存在しています。そのグラデーションの具体⇔抽象のサンプルを作成しましたので、協業時のたたき台にご利用いただけますと幸いです。 例とするグラデーション フードデリバリープロダクトを例にして、「売上を上げる」という最終

スキ
217

プロダクト開発における仮説検証プロセスで得た学び

GLOBIS 学び放題でプロダクトマネージャーをやっている神崎です。 昨年、私たちの開発チームにフリーランスのUXリサーチャーがジョインしてくれました。 それまでは、比較的小さい規模の仮説検証を行っていたのですが、リサーチの専門家が加わったことで、ユーザー体験を大きくアップデートするような仮説検証に取り組むことができました。 今回は、その大きな仮説検証プロセスで得られたことを学びとしてまとめたいと思います。 私たちの仮説検証プロセスアジャイル開発における仮説検証には色々

スキ
126

クックパッドアプリの起動画面をリニューアルした話

こんにちは、クックパッドデザイナーの久保坂美咲(@misaaa09)です。 クックパッドでは先日、iOSアプリの起動画面のリニューアルを行いました。 クックパッドの開発は1~2週間ほどで検討・リリースを行うことも多いですが、このプロジェクトは検討からリリースまでに約3ヶ月ほどかかり、関わったメンバーも約20名程と、やや大きめのプロジェクトでした。 今回このプロジェクトで私は、デザイナーとしてだけでなく、はじめてプロダクトマネージャー(以下:PdM)としての役割も担当した

スキ
130

UXデザイナーがPdMになって振り返る、UXデザイナー出身でよかったこと3選

こんにちは、新規事業のプロダクトマネージャーをしている八尾です。 すっかり春になったということで、今月のクラウドワークスデザイナーブログは、「新学期、自分を見つめ直す」というテーマでお送りします! 私ごとですが、この4月からチーフエクスペリエンスデザイナーから、新規事業開発部のプロダクトマネージャー(以下PdM)に転身しました。(これまでも2年ほどPdM自体は担当していたのですが、この4月から改めて専念するという形をとりました) というわけで今回は、UXデザイナーがPd

スキ
52