見出し画像

デザインコンペ企画にCreative Cloudライセンスを景品として提供しました【Adobe Community Expert】

こんにちは、デザイナーのモンブランです。
本日は Adobe Community Expertとしての重要なお知らせをお伝えします。

ロゴ優勝者にCCライセンス1年分をプレゼント!

こちらのライセンスは、Adobe製品全機能が利用できるコンプリートプランです。
Photoshop、Illustratorはもちろん、AfterEffects、Premiere Proなども使うことができます。

優勝者には、ライセンスコードをお渡しします。
お渡しの際には、お名前とライセンスを付与するメールアドレスをお教えいただきます。


景品の仕組みについて

自腹ではないです。

今回の景品について「スタッフが支払っているのでは!?」とご心配の声いただいていますが(ありがとうごさいます)、
こちらは、Adobeより認定いただいているAdobe Community Expertとしての活動の一環になります。

Adobe Community Expertとしての役割。

詳細は割愛しますが、Community Expertの活動の中のひとつとして、景品としてライセンスコードを提供するものがあり、今回は運営、一部制作面でサポートさせていただいているバーチャルアイランドプロジェクト「Vtopirial」でのデザイン企画イベントの景品副賞として提供させていただいています。

Vtopirialの概要についてはこちらをお読みください!

全機能を含むコンプリートプランのご提供。

ライセンスはコンプリートプランとなります。
以下をはじめとした20以上のAdobeツールを1年間無償で使うことができます。

ライセンスはシリアルコードでお渡しします。

本ライセンスは専用のシリアルコードでのお渡しになります。
既にAdobeライセンスをお持ちでクレジットカードで月額の決済などをしている方はアクティベートする前にこちらをご確認することをおすすめします!


ご提供のねらい

Adobe製品への利用のきっかけ作り。

Adobe製品への個人的な課題感のひとつとしてランニングコストがあります。

製品の使用歴と使用範囲が広い僕にとっては、今の月額料金は安く感じているくらいですが、定額利用から始めた方にとっては、その金額のハードルは計り知れないです。

1ヶ月の試用期間もありますが、その期間に購入の決断をつけるのも難しいでしょうし、数多のCreative Cloudのソフト達を短期間で触りきるには1ヶ月は短すぎます。

そういった、今は無料のデザインツールを使ってるけど、Adobeをがっつり使ってみたい!という人のきっかけ作りになれると良いなと考えています。

VTuberクリエイターの活動を支援するために。

Adobeのソフトといえば、PhotoshopとIllustratorが代表的ですが、それ以外にもたくさんのツールがあります。その数、ソフトだけでも20以上。

例えば、僕がVTuberとして配信中にアバターを表示させているツールはCharacter Animaterという、これもAdobeのツールです。
映像編集ツールのPremiere ProやAfter Effectsや音声編集ツールのAuditionなど、VTuberの活動に必要なものがたくさん揃っています。

そうしたツール同士のコラボレーション性が高いこともCreative Cloudツールの魅力のひとつであり、この体験をハードルを低く経験してほしいと思い、今回の取り組みをからかぼ開発さんに提案した次第です。

面白いデザイン企画がある場合、
ぜひ私を巻き込んでください!。

デザインのコンペや企画などで、景品としてCreative Cloudライセンス付与が気になる方は、遠慮なくモンブランにお声かけください。

カテゴリは特に設けていませんが、僕は特にVTuberを中心とした、バーチャル/デジタルプロダクトのところでお手伝い出来ればと考えています。

景品としてご提供は制限がありますが、遠慮なくご相談いただければと思います!
僕としても色々な企画や取り組みを知ることができて楽しいので!

Vtopiroalのロゴアイデアもお待ちしております〜!✨

続きをみるには

残り 0字

飼っている猫さんやインプットのための読書代などに使います!