ドクショカンソウ文

6
最初は「わがまま」で良いんだ。|「考具」 読書感想

最初は「わがまま」で良いんだ。|「考具」 読書感想

今回は加藤 昌治さん著「考具」を読んだことによる気付きや感想を書きたいと思います。 ちなみに読むのは2回目なのですが、同僚さんとこの「考具」の話題になった「完全に忘れてるやん...」とビックリしたので、再読を決めました。 アイデアマンになるための「考えるための道具=考具」として、様々な「考具」の紹介やその活用法についてが書かれています。 結論から言うと、この本は「読んで理解する」というより「必要な『考具』をピックアップする」ための本という感じです。 理由は後述していきま

スキ
34