見出し画像

デザイナーとしての「ゆるやかな死」

アダルト業界でデザイナーとして働いていた頃、デザイナーさんの「ゆるやかな死」というものを見たことがある。
ゆるやかな死というのは具体的に言えば「アウトプットの決定的な低下」だ。

その人は僕が新卒入社する前からグラフィックデザイナーとして、ジャケットのデザインを1ヶ月で10点前後を常に作り続けている人だった。
基準がわかりづらいが、月で10点はその他雑務を含めると週3くらいは残業が必要な量だが、その人は月に1回とるかとらないかくらい、言うなれば当時のエース、シニアとも言えるデザイナーさんだった(以後、Nさんとします)

アウトプットの一定化

AVは「シリーズもの」が多い。
かの有名な「マジックミラー号」もこの名称を使って様々なタイトルが出ているが、それもシリーズに該当する。
デザイナーはこのシリーズものを1人、あるいは数人をローテーションで監督やプロデューサーに指名されて請け負うことが多い。
シリーズは基本4~5単位でデザイナーを変えることが多かったが、Nさんはひとつのシリーズを新規から固定して依頼されることが多かったデザイナー、当時の社内ではトップランカーのデザイナーだった(僕も憧れてた)

ただ、Nさんが辞める半年前くらいからシリーズの作品のテンプレ化を感じ始めていた。

例え、シリーズだとしても、ジャケット裏面のレイアウトは作品や女優さんの特色に応じてレイアウトの調整を行うものだけど、そのレイアウトが単一化してきていた(今思うにネタ切れ?)

センスは枯渇する

Nさんが辞めた後、僕の上司さんがNさんが辞める直前のジャケットデザインを見た時に言ったことが今も記憶にある。

あー、センスなくなったなぁ」と。

この時は衝撃だった。センスって無くなることあるのか!と。

あと、この上司さん自身はセンスも勿論あったけれど、売れるデザインを見つけて、シリーズや女優さんにあったジャケットデザインの最適解を見つけ出すといった戦略的なデザイナーさんだった。

たしかにNさんはセンスの固まりのような人だった。
口数は少なく、打ち合わせも最低限だけど、アウトプットするものに抜本的な修正を入れられることはあまり見なかった。
今思うとこのアウトプットの低下は「センス残高」の低下だったのかもしれない。

そして、ゆるやかな死

先程はNさんが辞めた後の話だったが、辞める話の前は当時の僕や同期、ひとつ上の先輩といった部下単位のデザイナーにふることが多くなった

僕らにふったからといってNさんの仕事量が補填されるというわけでもなく、僕らへのディレクション量を含めても総合量は明らかに減っていた。
そして、いよいよ作業量が減っていることに薄々気付いた直後、Nさんが辞めるというお知らせがあった(その直前は引き継ぎもあったのかもだけど)

ゆるやかな死は僕の前にも現れた

Nさんが辞めた後、僕は会社の事情でWebデザイナーとなり、ジャケットの担当が無くなる。

そこからは、当時だとグループ内でたった1人のWebデザイナーみたいな感じになっていたたため、なかなか帰れない日々が続き、インプットを怠っていた。

ある日、コーディングが終わって、久々に依頼されたロゴデザインを着手しようとした深夜、頭を抱えることになった。

「同じようなロゴ」しか作れないのだ。

シンボルなしのロゴタイプ出来た案はとにかく無難な割に仕立てが悪い服みたいに不格好なものになっていた。
「ゆるやかな死」という死神が僕に手を振り始めたサインだった。

結果的にはその死から逃れることは出来たけど、その当時は会社を一旦休んで、+DESIGNINGを読み漁ってインプットを押し込んだし、必死に気持ちの切り替えに努めるようになった。

一瞬手を振っていた死神は気づけば見えなくなっていた気がする(見逃していた、だけかもしれないけど)


インプットをやめるな。死ぬぞ。

大きく出た見出しだけど、やることは些細で良いと思う。

雑誌、中吊り広告、Webサイト、ネット記事、どんな些細な事でも読み込んでみること。
あなたがデザイナーなら読み込んで、咀嚼をする。
例え、忙殺されていたとしても。気分転換だよ気分転換。

あと、これも些細でいいのでアウトプットをすること。
実際にデザインをおこせ、とかじゃなく、インプットした記事に対しての自分なりの着地点を話すくらいは出来るようにしておく。
料理もそうだけど、レシピだけ覚えただけでは実際に作っても美味しくなるとは限らない。
それが、例えばセンスによって一発目で美味しく作れても、美味しく作れた理由を「センス」で片付けていると、何度も同じものを作る、別のものを作る時に味が落ちていくかもしれない。

これはその人のなり、立場、価値観によって違うことだと思うけど、
「センス」というのは何をインプットするか、そしてそのインプットによって、選択や選別をする時に「どれにするか」なのかもしれない。


おっぱい。


今回の記事のお話のようなディープな話やいつものnoteやTwitterで書けないことも書いているので、良かったら読んでくれると嬉しいですm(_ _)m


追記:色々反響ありました。

この記事をきっかけにSchooさんでの特別授業など、様々な所からお声かけをいただきました!Schooの特別授業やYoutubeやPencilにアップされていますので、ぜひ合わせてご覧ください〜!

また、色々な方からnoteの記事やその内容を引用していただくという、なかなかない経験を得ました!不思議!
引用いただいた皆様、ありがとうございますm(_ _)m

「noteのお題」募集中です

ここまでお読みいただき、本当に、本当にありがとうございました!
少しでもご興味をお持ちいただい方で「こんな話聞いてみたい!」「ここが気になる!」といったことがある方は、ぜひぜひ下記フォームからお知らせください。
noteのお題、ネタとして参考にさせていただきます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

猫のプシュケ君のごはん代や書籍などのインプット代に利用させていただきます...! こちらでもお待ちしていまーす! https://note.montblanc.design/m/m3cd45953321e

スキありがとうございます!
1194
渋谷で働くインハウスデザイナー。元AV業界。 #note勝手にエバンジェリスト。 https://montblanc.design

コメント6件

「センスの枯渇」って台詞に凄いセンスを感じました……!勉強になりました。一部引用して記事書かせて頂きました。https://goo.gl/5d819z
うわああ、引用して書いていただけるなんて初めての経験です...!
ありがとうございます。
後ほど読ませていただきます〜!
note新参者です、目次ってどうやったらつけれますか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。