見出し画像

「最高の空間」 - 大阪上陸レポ

3日目です。

本と寝る空間

実は、この2泊3日(厳密には2泊5日)は同じホテルに2泊しました。

BOOK AND BED TOKYO 心斎橋」です。
「泊まれる本屋」をコンセプトに本棚と一体化したカプセルタイプのホテルが特徴。

ツイッターで心斎橋に行くなら是非泊まってほしいといったものを見かけたので、思い切って2泊で予約。

1日目は前夜祭、2日目は打ち上げといった感じでホテルに戻るのがどちらも24時をまわっていたのですが、24時間受付OKなのがとても助かりました...

何よりも最高なのが、その世界観です。


 

まさに本に囲まれて眠る環境…!
本棚に並ぶような形でカプセルっぽい寝床が用意されていた。

実際の寝床は薄めのマットレスのため、人は選びますが、一人旅で滞在するくらいなら全然OK。

そして、更にユニークだったのが、お食事たち。

フルーツサンド+カフェラテ

アボカドチーズトースト

こんな感じで、真っ黒!(スタッフの服装も黒に統一されていて、モノクロの世界観を演出していました)

レモネード、カフェラテ共に黒い部分は竹炭を使っており、黒いからめっちゃ味変わってるとかはありませんでした。

大阪のクリエイターさん達と会食

最高の空間はホテルだけではなく、大阪のクリエイターさん達と交流も最高の空間だった。

1日目は、あいまいみーさんお茶をして会社員クリエイターのコミュニティの人達には前夜祭を催していただいた…!

ツイッターでは色々とやり取りなどはしていたあいまいみーさんとは、実は初対面。

でもここはSNSの強さ、直接の対面にも関わらず、お互いかなり砕けてお話できたし、最終的にはかなりディープな話をしていました笑(色んな理由でここには載せれないです笑)

夜は会社員クリエイターの人達が開いてくれた、イベントの前夜祭へ。大阪に来て、中華料理!(笑 でもめちゃ美味しかった…)

普段はSlack上で話している人達と面と向かってご対面。
「アイコンのまんまや!」という通過儀礼いただきました笑

ここで、ニシグチさんの今後についてのディープな話を聞く。ニシグチさん、本当に戦略的な人…っ!勉強になりますm(_ _)m

そして、無理を承知でお願いしていた、「関西のモン」こと赤松さんが二次会に参加してくれた!嬉しさやばかったー!
東西のモン、ここにあり!

2日目は、カセグーンと真夏のカイギ室でたくさんの方とお話できた。イベント終了後もサイゼで打ち上げ。

去年くらいから実は大阪の方との知り合いもかなり増えてるし、実は会社にも関西の社員がかなり多く、だんだんと切っても切り離せない関係になってきた、と個人的には思っている大阪のクリエイターの方々。

今回はデザイナーさん、カメラマンさん、はたまた校正をされている方など、様々な方と交流を持つことができた。ありがとう、大阪!(2回目!w)

3日目は、秋山楓さん、有柚まさきさん、トミナガハルキさんとランチ会食。

関東と関西のクリエイター・デザイナーの傾向や考え方について、色々と意見交換できた。

個人的に関東と関西でイベントの性質に違いを感じてたんだけど、今回の会食で色々納得。

(余談だけど、アクリルフィギュア、もうちょっと大きくしようと思った)

御三方、本当に突然の連絡になってしまったのに関わらず集まっていただいてありがとうございました…!

大阪に行く最初の週はイベント以外はまったく予定が無かったのですが、蓋を開ければ嬉しい密なスケジュールになっていました。

また機会を作って、大阪に再上陸していきたいと思います!!


この続きをみるには

この続き:529文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
モンブランの「なかのひと」の実際のお仕事や一言を読むことができます!(サポートの一環としてご購読もめっちゃ嬉しいです...!!)

ワンコイン以下でモンブランの「なかのひと」のお仕事、趣味を垂れ流しを読むことができるマガジン。主に仕事やプライベートワークのことについ...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

猫のプシュケ君のごはん代や書籍などのインプット代に利用させていただきます...! こちらでもお待ちしていまーす! https://note.montblanc.design/m/m3cd45953321e

おっぱい!!!!!!!(ありがとうございます)
16
渋谷で働くインハウスデザイナー。元AV業界。 #note勝手にエバンジェリスト。 https://montblanc.design
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。